2014年7月27日アーカイブ

置き換えダイエットを成功させる秘訣は、栄養摂取量です。

代謝を高めるにはさまざまな栄養が必要です。たとえば、糖質の代謝にはビタミンB1、脂質の代謝にはビタミンB2が必要です。これらの栄養が不足すると代謝が悪くなります。

置き換えダイエット食品の中には、カロリーを減らしただけで栄養がほとんど含まれていないものがあります。食事を置き換えると食べる量が減って栄養摂取量も減ってしまうので、その分を補う必要があります。

クッキー、ゼリー、グミなどお菓子タイプの置き換えダイエット食品は、低カロリーで満腹感を与えるだけで栄養がほとんど含まれていないものが少なくありません。

お菓子タイプの置き換えダイエット食品を食事代わりにすると、栄養不足で代謝が悪くなります。

ドリンクやパスタ、スープなどは栄養が添加されているものが多くあります。選ぶときは、1日に必要な量の何%を含んでいるのか確認しましょう。できるだけたくさん栄養が摂れるものがよいです。

しっかり栄養補給しながらなら代謝がよくてやせやすい体になります。

置き換えダイエットという事で、現在も週2位のペースで続けているのが夕食をお粥にする事です。

お粥は消化にもよく、普通に白飯を食べるよりも量が増えた様に感じるので少しの量でも意外と満足するんです。

余った冷ご飯で作る時もありますが、生米から作る方が時間が掛かる分、断然美味しいのでそれを塩だけで味付けしたり昆布茶を使ったりと、シンプルなので飽きない様に味を変えて作っています。

一時期は毎夕食お粥でしたが、流石に飽きてくる事もありこのままだと長く続かないかな、と感じたので週に2回になりました。

1ヶ月位、毎夕食お粥にする事で3、4キロほど痩せて、今はそのままの体重をキープしています。

置き換えダイエットなら経済的にも安く済むし、何より食べる事を我慢しなくて良いというのがストレスも掛かること無く続けられるので、長期間のチャレンジが望めます。

次は毎朝酵素ジュースを飲むという様な、朝ダイエットにも挑戦してみたいと思います。


置き換えダイエット食品の種類

| コメント(0)

置き換えダイエット食品には、3つのタイプがあります。

1つめはお菓子タイプです。クッキー、ゼリーなどがあります。通常のお菓子よりもカロリーが低く腹持ちがよいのが特徴です。栄養はあまりないので、食事の代わりではなく、小腹がすいたときに空腹を抑えるために使うとよいです。

2つめはドリンクタイプです。置き換えダイエットをすると食事量が減って栄養摂取量も減ってしまいます。栄養摂取量が減ると代謝が悪くなり、やせにくい状態になります。ドリンクタイプの置き換えダイエット食品は、栄養が添加されているものが多く、不足する栄養を補いながらダイエットできます。

3つめは食事タイプです。パスタ、リゾットなどがあります。通常の食事と同じように食べられるけどカロリーが低め。ダイエット効果が出るまでに時間がかかりますが、食べるのが好きな人に向いています。

置き換えダイエット食品はタイプによって特徴が違います。それぞれの特徴を活かしてうまく活用してください。