置き換えダイエットについての最近のブログ記事


昔大々的にはやった、置き換えダイエット。
私も昔やりました。

オルビスのシェイク!

朝が一番良いかなぁと思ってやったんだけど、あれ、お腹いっぱいになる?
私が大食いなだけかなぁ。
続きませんでした(笑)

シェイクだけで仕事行ったけど、お腹空いてダメだったよ~。
お菓子食べちゃったよ~。

ていうか、シェイク飲んだ直後に、ダメだと思っておかしとか食べてた。
ははは
そりゃ痩せませんよね。

置き換えダイエットは私には全く持って不向きでした。

ちなみに、ヌードルの方が少しはおなかがふくれたけど...。
シェイクよりマシって言うだけだったなあ。

やっぱりご飯が一番!
朝は1日の始まりだよ。
朝ご飯は大事だよ!

化粧よりも朝ご飯をとって仕事に行っていた位だもんなぁ。
そして、午前中におなかすいた~っておもいながら働いてたもんなぁ。

大食いってわけじゃないと思うんだけど...。
多分。

結局、夏バテして食事量が減って痩せるという、不健康なダイエットが一番効果ありました(笑)
といっても、何キロも痩せるわけじゃないよ。2キロくらい。
で、冬に戻るの(笑)

でも、夏に3キロ落ちて、冬に2キロ戻って、みたいな生活を繰り返してたら
5年とかかけて5キロ落ちるわけ。
実は健康的なダイエットだった!かも?

リバウンドしなかったしね。
筋トレも運動も大嫌いな私に一番のダイエット法は、夏バテダイエット(笑)
同じような人、いるのかなぁ

置き換えダイエットを成功させる秘訣は、栄養摂取量です。

代謝を高めるにはさまざまな栄養が必要です。たとえば、糖質の代謝にはビタミンB1、脂質の代謝にはビタミンB2が必要です。これらの栄養が不足すると代謝が悪くなります。

置き換えダイエット食品の中には、カロリーを減らしただけで栄養がほとんど含まれていないものがあります。食事を置き換えると食べる量が減って栄養摂取量も減ってしまうので、その分を補う必要があります。

クッキー、ゼリー、グミなどお菓子タイプの置き換えダイエット食品は、低カロリーで満腹感を与えるだけで栄養がほとんど含まれていないものが少なくありません。

お菓子タイプの置き換えダイエット食品を食事代わりにすると、栄養不足で代謝が悪くなります。

ドリンクやパスタ、スープなどは栄養が添加されているものが多くあります。選ぶときは、1日に必要な量の何%を含んでいるのか確認しましょう。できるだけたくさん栄養が摂れるものがよいです。

しっかり栄養補給しながらなら代謝がよくてやせやすい体になります。

置き換えダイエット食品の種類

| コメント(0)

置き換えダイエット食品には、3つのタイプがあります。

1つめはお菓子タイプです。クッキー、ゼリーなどがあります。通常のお菓子よりもカロリーが低く腹持ちがよいのが特徴です。栄養はあまりないので、食事の代わりではなく、小腹がすいたときに空腹を抑えるために使うとよいです。

2つめはドリンクタイプです。置き換えダイエットをすると食事量が減って栄養摂取量も減ってしまいます。栄養摂取量が減ると代謝が悪くなり、やせにくい状態になります。ドリンクタイプの置き換えダイエット食品は、栄養が添加されているものが多く、不足する栄養を補いながらダイエットできます。

3つめは食事タイプです。パスタ、リゾットなどがあります。通常の食事と同じように食べられるけどカロリーが低め。ダイエット効果が出るまでに時間がかかりますが、食べるのが好きな人に向いています。

置き換えダイエット食品はタイプによって特徴が違います。それぞれの特徴を活かしてうまく活用してください。